引越業者を使う場合・使わない場合

引越には意外とお金がかかります

つい最近、実家から一人暮らしに移行するために引っ越しをしました。その時の一連の流れを紹介していきたいと思います。

まず初めに引っ越しをするにしても移動先の部屋がなければ引っ越しは出来ません。インターネットで物件を調べて下見をして部屋決めをしました。これに関しては住む人によって必要な部屋の条件が変わってくるので個人で好きな物件を選んで下さい。

部屋が決まれば引っ越しですが引っ越しには二種類あります。業者に頼む場合とそうでない場合です。まず業者に頼む場合の費用を比較していきます。引っ越し業者と言っても有名なものからそうでないものまで全国で200社程度あるそうです。

価格.comで料金を調べて見ましたが単身引っ越しで約45,000円で家族引っ越しで約80,000円かかるみたいです。割と高いです。

引っ越しをする際に必要なお金は引っ越し費用だけでなく移住先の敷金礼金などもあるので割と多額のお金が必要とされます。出来れば経費削減出来るところは切り詰めていきたいところです。

自分で引越すという手もありますが・・・

そこでふたつめの選択肢である業者に頼まない場合です。

家族で引っ越す場合、家の中の家具など大きな荷物になるので大型のトラックは必要不可欠です。しかし一人暮らしの場合はどうでしょうか。大型の食器棚は引っ越しの荷物に含まれますか?

きっとないと思います。大きいものでベッドや本棚だと思います。それらに関しても一人暮らしを機に新調してしまえば荷物はぐっと減ります。それを考えると大型トラックで引っ越しするほどの荷物はないんじゃないかってなります。

軽トラやハイエースで引っ越し出来ませんか?

しかし一般家庭に軽トラやハイエースはあまりないと思います。そこでレンタカーです。レンタカーを使えば1日10,000円程度で済みます。なんと業者に頼んだ場合の4分の1です。かなりの費用削減です。

しかも全国展開しているレンタカー業者であればワンウェイサービスというものがあります。これは現住所付近のレンタカー業者の支店で借りて引っ越し先の支店で返すというものです。これなら車を返しに戻る必要がないので楽チンです。

業者に頼まない場合を推してきましたがデメリットが無いわけではありません。やはり引っ越しの作業を一人ですべてこなすとなるとかなりの労力を必要とします。疲れた状態で作業をして部屋の壁や家具、レンタルしてきた車なんかに傷をつけたら余計な出費をすることになります。それに荷物が多かった場合、大きめのトラックを借りることになるかと思いますがトラックはMT車ですので乗りなれていない人にとっては運転するのは難しいかと思います。車体も大きいですし。

それを考えると引っ越し業者のメリットはそこにあります。プロの方にお願いすればスムーズに作業が進まりますし、引っ越しに関する保証もついています。その分料金が高いのは納得です。安全をお金で買っていると言えば分かりやすいでしょうか。

引っ越しが終わったら即日とは言いませんが近所に挨拶は済ませましょう。最低限左右の部屋の人には挨拶するのがマナーだと思います。向かいの部屋などもあれば挨拶しましょう。

ちなみに自分は業者に頼まずに引っ越しを行いました。実家が建設会社を営んでいるのでトラックに困ることはありませんでしたし、普段から工事現場で働いている会社の方に手伝ってもらったので割と簡単に引っ越しを済ませることが出来ました。

自分の場合は特殊なケースになると思いますが普通ならレンタカー借りて友達2、3人で事足りるかと思います。

ちなみに、友達がいない人は家具家電つきの部屋なんかもあるので心配しなくても大丈夫です。カバンひとつでお引越しなんてCMをテレビで見かけます。