引越の際の退去日と入居日の決定方法

新居を決めてから退去日を報告するのが鉄則

大学入学や就職、結婚などを機に引越しを考える際、入居日と退去日の決定を行なうにあたって、気をつけるべきポイントがあります。

これは引越しの際の手順のようなもので、これをないがしろにしてしまうと、思わぬ出費を強いられることにもなりかねませんので、注意が必要です。

実家から引越しをする、という場合はこの限りではありませんが、既に現在賃貸住宅にお住まいの場合は、まず現在の住居を管理している不動産屋さんに、退去の予定を報告しなくてはなりません。

退去の際の報告時期は、基本的に退去日の一ヶ月以上前となっていますが、物件の契約内容によっては異なる時期が設定されていることもありますので、一度契約書を確認してみてください。

この退去の時期ですが、意外に決定するのは難しいものです。なぜなら、まだ全く新しい物件の目処がたっていないにも関わらず、とりあえず退去の申し入れをしてしまい、期日までに引越しが完了しないという可能性があるからです。

不動産屋としても、できるだけ空き部屋になっている時期を作りたくないために、現在の居住者が退去する日がわかると、そのまま新しい住人の募集を始めてしまうケースがあります。この場合、不動産屋に再度退去日に関する相談をしなければならなくなります。

そういった事態を避けるためにも、退去日の報告をする前には、あらかじめ新居を見つけておくことが重要です。

しかし新しい物件を見つけてそこを仮押さえする際、特殊な物件を除いて一ヶ月以上も入居日を待ってくれるというところは、なかなか無いのが現実です。

つまり新居の家賃と現住居の家賃を完全に重複しないように引越し時期を設定するということが、事実上困難であるということです。

引越の計画は日数に余裕を持って

まず住居を借りる際には、申し込みを行い審査に通過する必要があります。一般的なサラリーマンや公務員といった職業の場合は、よほど収入からかけ離れた物件に申し込みをしない限り、審査にひっかかるということはあまりありませんが、フリーターや自営業といった職業の場合、審査は厳しくなる傾向にあります。

この審査を通過して、ようやく契約を結べるようになるわけです。この審査に、早くても数日、長ければ1週間近くかかることがあります。

現住居の退去日は、新居への入居予定日を決定してから報告するのが好ましいので、入居予定日を最大限に引き伸ばしてもらったとしても1ヶ月は待ってもらえない以上、現在の住居の家賃を日割りで数日間は支払わなくてはならないことになるのです。

前述したように、確実に重複しないように日取りを決定するというのはなかなか難しいですが、できるだけ重複する日数が少なくなるように、入居予定日は待ってもらえる期間を最大限利用するようにしましょう。

もちろん物件や時期によっては、大家さんに相談して家賃の重複をしないように待ってもらえる可能性もないわけでもありませんので、一度相談してみてもよいかもしれません。

ただし引越しシーズンではなかなか難しいということは、覚えておきましょう。

入居日と退去日を設定するポイントは、まずは新居を決めて申し込みを入れる前に、一度不動産屋の担当者に万が一審査が通った場合入居までに最大限待ってもらえる期間を確認して、その最大限の日を中心に入居日を設定するということを覚えておきましょう。

特に自営業やフリーターといった審査に通らない可能性のある職業の人の場合は、この家賃の重複を発生させないために先走って退去日の報告をせず、ある程度の重複は経費に織り込んでおき、ちゃんと審査に通ってから退去日の報告をするようにすることを、おすすめします。